荒川河川敷のウサギ達は

画像
国交省荒川下流河川事務所が荒川河川敷で飼われてるウサギが土手に穴を開けているのを目撃したので警告を出して塀でウサギを囲ったが掘切橋は縄張りなので見に行ったらなんとウサギは塀の外で活動しているではないか。国交省は土手だけを守れば良いのではなく河川敷に住んでる人とウサギに立ち退いて貰うべき自治体等と一緒に行動を取らなければ後悔する事になるのでは。前に河川敷の畑を潰す時には強気だったのに今回はどうして弱気なんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 荒川河川敷のウサギ達のその後

    Excerpt: 「荒川河川敷のウサギ達は」について 今日は春本番の陽気なので荒川河川敷を自転車で10Km走ってきましたが折り返し地点でついでに例のウサギの所に立ち寄ってきましたが前回は低くてウサギが楽に飛び越えてい.. Weblog: ひぐらし帳 @WebryBlog racked: 2005-03-17 09:49