小仏から高尾山へ

画像
通勤ラッシュを避けて9時頃電車に乗車するも京浜東北・山手線ともダイヤが遅れ気味でのんびりと走ってた。神田で中央線に乗り換えるも快速も車両点検で遅れておりスピードが上がらない。遊園地で事故、最近のヘリの事故3件と云い何かが緩んでるのでは・・・
そんなんで高尾に着いたのが10時30分。駅から歩き始める。甲州街道なので車が多く何となく喉が変になる。橋を渡ったあたりで旧甲州街道に入る。日差しが良く汗が出始めるし段々と坂道になってきた。小仏関所跡が有り通行手形を乗せる石と人の手を乗せる石が残っていた。千葉のJRでは今でも電車に通行手形(タブレット)を出してるそうで最近通行手形を渡せなくなり長時間電車が不通になったとか。
1時間坂道をあるいたらいい加減疲労してきたが未だ小仏までは大分有りそうだ。昔バイクで此処を走ったときはたいした距離では無かったが・・・
12時にやっと小仏の登山口に到着した。ここからは砂利道になり坂が急になるが新緑の中に入るので日が射さないので助かる。
登っているうちに何時しか道の幅が狭くなり登山道になり緩やかに左へ進むと小仏峠に到着した。右の陣場山へ行くか左の高尾山へ行くか決めていなかったが足は自然と左へと進んで
行く。峠から一登りした休憩場で昼飯に。その前に相模湖を真下に見下ろして駅前で買ったビールを飲む。最高ーーダ!時間が充分に有るのでのんびりと飲みながら景観を楽しむ事が出来る。
充分にリフレシュしたので城山から高尾山に向かう。城山には平日でもかなりの人が居た。此処からの下りは緑が豊富で目にもいい。大きな山法師の木に花が沢山咲いている。休み休みしながら3時ごろに高尾山頂に到着。生憎富士山は雲の中で見えませんが丹沢方面や新宿のビルが見渡せます。370円で缶ビールを買い心地いい風の中で喉を潤し神社を通り抜け表参道で下山する 。この道にユキノシタが咲いていた。子供の頃隣の庭にユキノシタが咲いていたがこの草が雪の下でも枯れる事無く春に花を咲かすので”雪の下”と云うのかと思っていたが花びらが雪のように白く、舌の様に長いので”雪の舌”だそうで。
4時過ぎに京王線の駅に出たが楽しみにしていたムギトロは店が本日休業でお預けになる


画像画像

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック