谷川岳へ再訪

画像


谷川岳(オキノ耳)山頂→
   トマノ耳より望む


秋晴れが期待できそうなので一年振りに谷川岳へ出かける。朝7時に電車に乗り大宮で新幹線に乗り換えてバス&ロープウェイを利用して予定通り9時30分に天神平に到着した。気温16度で涼しいが歩き始めると汗が滲んでくる。快適な歩行で熊穴沢ノ頭避難小屋に到着するも団体客で賑やかなので少し上部に避難して休憩する。ここからは日差しを遮る物がなく暑くなりそうだ。後ろを団体客が通過してから立ち上がり先へと歩き始める。
岩場付近で団体に追いつき脇を抜けながら追い越すがさすがに心臓がパクパクし息が上がってしまい幾分気分が悪くなったので風通しが良いところで休憩をとる。水を補給して団体が来ないうちに立ち上がる。頂上付近が見えてきたが昨年はここからが苦しい登りだったので今度はマイペースで歩く事に。最後のガラ場をゆっくりと登り目を上げると肩の小屋に出た。そのまま山頂へと足を運び11時40分に到着。去年は途中で昼飯を食べたので12時に山頂へ着いたので今回は少し短縮できた。山頂でデジカメで撮影してると乾電池切れの警告が出たので乾電池を交換する。下山道を当初茂倉新道を予定していたがこの時間からでは麓で暗くなりそうなので諦める。西黒は昨年降りて汗だらけになったし谷川温泉の二股付近には山ヒルがと思案しつつ元来た天神へ降りる事にしたので時間が有るので一ノ倉の谷を覗きに鞍部へ行くことにした。山頂を過ぎると道は大きな岩がゴロゴロしており歩き辛い。少し行くと浅間神社奥の院が有った。参拝してさらに進むと右側の足下に一ノ倉の岩壁が望める。デジカメに記録して山頂へ戻り13時10分下山する。午前中に苦労して登った所だが下りはアッ!という間に降りてしまう。天狗の岩で休憩してると岩ノ下にいた若者と目が合い彼が岩の上に来て「相棒が蜂に刺されたのですが軟膏を持ってないか」と尋ねた。最近家でムヒを購入したが山には持ってこなかった。午前中の気分が悪かったときに何か薬を欲したが今後は最低限の医薬品をも持参しなければと反省する。しかし未だ未だ反省が有った。
熊穴沢ノ頭避難小屋を過ぎ天神平迄あと400m付近の木道階段で左足が痙り始めた。しばらく休息しストレッチして足を落ち着かせるここで15分のロス。歩き始めると左足は痛くないので普通にそのまま歩く。天神平からロープウエイで降り連絡通路を歩いてると下のバス乗り場にバスが止まっており今運転手が乗うとしている。ここから走っても間に合わないだろうと諦める。そしてバスは足の下を走っていった。バス停で時刻表を見ると次のバス迄に55分有る・・・・。
家に帰りデジカメを再生すると乾電池を交換した後の画像が無い。何が有ったのかは解らずHDに谷川岳の写ってる分だけコピーしてカードを全部消す。翌日ふと思ったのは電池を交換したときに日付がリセットされ2003年になりその後に写したのは一番前に並んでしまったのかも。画像を全部確認せずに消してしまったことが悔やまれる。
  
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月20日 12:10
ご訪問&コメントどうもありがとうございました!
実は、今回北岳の天気が悪かったらこちらのコースで谷川岳に登る案も出ていました。お天気に恵まれたようで良かったですね☆
2008年09月21日 15:33
10月中旬の紅葉時期の谷川岳がお薦めです
特にマチガ沢や一ノ倉の紅葉が

この記事へのトラックバック