カタクリの花を求めて武蔵野へ

画像春分の日が過ぎたのに今朝は4度とまだまだ寒さの残る日ですがカタクリの花を觀に多摩方面へ出かけました。電車が間引き運転中なので来た電車に乗り赤羽で直ぐ下り電車が来たので乗り、武蔵浦和駅の乗り換えで武蔵野線に飛び乗りロスタイム無しで西国分寺駅に下車し、何時も中央線への乗り換え階段が混むので一目散に駆けて階段を先頭切って下ると電車が入線してきた。本当に今日は憑いてる!
下車駅の国分寺駅は次の駅なので降りる体勢をトルと”次はクニタチ・国立”・・・・
何時も西国分寺駅では下り電車に乗り換えているので無意識で下りのホームへ行ってしまったのだ。国立駅で下車して上りの電車に乗り2駅戻ることになり大きなロスをしてしまった。
国分寺駅前近くの殿ヶ谷戸庭園へ入ると昼近いのにひっそりとした感じですがこの公園は広くは無いのですが私の好みの庭園で特に休憩所から下の池方向を望むと何か心を癒します。池に降りると斜面に待望のカタクリが咲いてるが薄日なので花弁を反らしてるのは無く残念でした。
庭園にはその他に”ひゅうがみずき”や”ひまらやゆきのした”そして”コブシ”等春先に咲く花が見られました。
この後、八王子駅へ出て京王線に乗り長沼駅から長沼公園へと移動します。この公園は平らでなく丘陵地をそのまま残した様で西尾根を20分程かけて急な斜面を登ります。この公園にもカタクリが咲きますが場所を事前に特定していなかったので捜すのが大変で、手掛かりとして”かたくり鑑賞”のビラに記載してある集合場所方向に下ることに。暫く歩くと分岐点に出て、左は駅への標識が有り普通なら左へ下るのだろうと思いましたが何故右にも道が有るのかと考え敢えて右の長泉寺尾根を下り、下りきる手前で「カタクリ保存」と立ち入り禁止の標識が有りました。付近にはカタクリの葉が見えますが開花前の花が数える程しか有りませんでした。
ここから平山城址公園へ向います。住宅街の中を行き時たま携帯で位置を確認して居たのですが入り口が判らないので急な斜面を強引に登り切ると野猿の尾根道に出て公園北口でした。此処にもカタクリが咲くそうですが立ち入り禁止区域が有りましたが葉は確認出来ませんでした。

画像画像

画像画像

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック