堀部安兵衛でブラブラ歩き

画像日比谷線の八丁堀駅近くの中央区八丁堀1丁目の亀島橋に”堀部安兵衛武庸之碑”が立っている所から今日は泉岳寺迄歩きます
この碑によると安兵衛はこの付近に住んでいたそうで両国にも近いです。
築地の本願寺に立ち寄り賑やかさを取り戻した築地場外から新橋へでて日比谷通りの4丁目交差点の歩道に”浅野内匠頭終焉の地碑”が立っています。元禄14年、江戸城松の廊下で殺傷事件沙汰を起こした浅野内匠頭が奥州一之関藩の田村右京太夫の上屋敷にて切腹した田村邸の建っていた場所です。付近には切腹最中屋が営業しています(↓画像)


画像


日比谷通りを東京タワー方向へ行きますと芝増上寺前に将軍墓公開中の看板に立ち寄りました。
増上寺には二代目秀忠公始め六、七、九、十二、十四代将軍の霊廟が有り国宝に指定されていましたが空襲で焼失しました。その後昭和33年以後現在地に改葬され石塔の宝塔が配置されています。何故か皇女和宮の塔は青銅製(見出し画像)でした。
            二代秀忠公宝塔(↓)                      焼失した二代秀忠公宝塔(↓)

画像画像

増上寺で時間をつぶしたので寺前の都営地下鉄で泉岳寺へと思い乗車しましたが路線が違うようで高輪駅で降りました。高輪の高松中学校には”大石良雄外十六人忠烈の跡”が、かつては肥後熊本藩江戸下屋敷跡だそうで駅の案内板を見ると駅の隣がその所だ!
でも学校は家に囲われておりそのような雰囲気が無いのでグルリと廻ることに。坂を上がると公園が有り都営住宅の中を行くと史跡が有りました。切腹をした様な庭が見えます。

画像画像

ここから泉岳寺は近いので付近の案内図で確認して歩きますが道幅1Mも無い迷路の様な所を行きます。港区は高級地なので児童施設は要らないとか云う話が有りましたが北区や荒川区でもこんな狭い迷路は有りません。
迷路を抜けた所は何と泉岳寺の境内でした。
静かで落ち着いた雰囲気のお寺様です。参拝して義士墓所へ。夕方でしたが四十七士には小さな鏡餅とお線香の煙が・・・

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック