テーマ:神社仏閣

浅草・あじさい祭り

「第16回いきいきあじさい祭」が、台東区の長国寺で開催されました。近隣の商店街でもイベントが行われました。 目玉のコーナーは、珍しいアジサイ約100種類を集めた色とりどりのアジサイらでにぎわい、篭(かご)アジサイも販売されていました。つるして観賞する篭アジサイも浅草ならではの風景だそうです。  夏バテ防止に効果があるとされる薬膳キュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮御苑

先日TVで神宮の森100年の中でパワースポットと云われる清正井の「この水は飲めません」と云う看板の側で狸が井戸水を飲んでいるシーンが有りました。と云う事で早速、神宮御苑へ狸 では無く菖蒲田を観に出かけました 相変わらず原宿駅は混んでますが神宮の森は静かに時が過ぎてる様です 御苑へ入り緩やかに下がると釣りを楽しんだと云われる南池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本土寺のアジサイ

先週千葉県松戸市の本土寺へアジサイを観に行きました 常磐線北小金井駅から寺への小径は何かホットする参道で正面に仁王門が現れます 都内のアジサイは見頃でしたがお寺の受付で未だ3分咲きですが良いですか?と声を掛けられました 境内はひっそりとして居りゆっくりと観覧できましたが確かにアジサイはこれからでした しかしあれから1週間程過…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥越神社祭礼・神輿

8~9日は台東区鳥越の鳥越神社の大祭で9日には都内で最も重い神輿と言われている御本社宮神輿が狭い下町の氏子町内を渡御します 台輪幅4尺3寸の元祖千貫神輿で、大きな胴体に比べ太く短い担ぎ棒のために担ぎ手一人の負担も大きくより重く感じるそうで掛け声も威勢良く聞こえます。 神輿は朝6時50分より宮出しされ午後9時に宮入となり神社に戻ります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園での仮面人

2日の日曜日は江戸神輿でも美しいと云われてる蔵前神社の神輿を観てきました。他の神輿との比較は出来ませんが神輿はピカピカに光輝いていました この後厩橋から隅田川を上り浅草の隅田公園に行くと変わった雰囲気の芸人達が営業しています 公園内なら良いでしょうがこれが街の中や電車内に現れたら! 日本の未来は・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草・三社祭

浅草に初夏を呼び込む三社祭が今年も無事に終わりました 最終日に隅田公園からの帰りに本社神輿を追いかけてきました 二之宮が所謂、奥浅草の路地を廻るので追いかけやすいのではと思いましたからです 浅草7丁目付近で神輿に出会いましたが歩道で見てますが神輿が曲がるときには担ぎ手も大きく膨らむので見てる方にドッドッドッーーと押し寄せてきますの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根津神社”ツツジ”

正式には「文京つつじまつり」と云うそうですが、連休前に根津神社へ行ってきました 境内の約2000坪有るつつじ苑には、約100種3000株のツツジが咲き競い、開花時期が違い早咲きから遅咲きへと花が移り変わり、長い期間様々なツツジが楽しめます。今が旬と云う感じで今年は見事えが有りました。特に透明感の有るピンクの花は何とも云えません 甘酒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛嶋神社の鳥居再建

墨田区の牛嶋神社に行くと、昨年秋の台風で倒壊した鳥居の工事が行われていました 工事のシートに覆われていたので良くは見えませんでしたが後日行くとシートが外されていました 昔の鳥居と比較しても同じ感じで、普通の鳥居とは違う感じです これは、袖鳥居のついた三輪鳥居(三ッ鳥居)と云うそうで、他の形式の鳥居とは違い都内ではほかの1社のみで珍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草寺・金龍の舞

浅草寺ご本尊の観音さまが3月18日に示現したことから、それを祝い3月18日に浅草寺で”金龍の舞”が奉演されました 終了後には金龍に触れることが出来ますが主に外人が喜んでるようでした 又前日には浅草神社の神輿3台が本堂に安置され観音様と対面する堂上げが行われ 翌日の18日には神輿が神社に飾られていました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯島天神・梅まつり

8日から恒例の梅まつりが始まりました 未だ梅は咲き始めたばかりですが春が近づいてる感じです でも、今日は都内でも雪がチラつき屋根は薄っすらと白くなり 気温も0度と寒い日です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初天神の日

25日は天神様で、初天神の縁日が開かれ「鷽替えの神事」が行われます。 上野公園の五條天神に昼過ぎに向かいましたが既に「鷽鳥(うそどり)」は有りませんでした。 不忍池を1周してから湯島天神へ。 女坂の梅は未だ蕾は堅そうですが本殿の側の樹は白い梅が咲き始めていました。 「鷽替えの神事」の”鷽鳥”は未だ残っており、4ー5人しか並んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀戸天神から天祖神社

大横川親水公園から亀戸天神に向かいます この公園はのんびりと歩けるのでお好みです 蔵前通りからは公道を行きますがやはリ忙しない感じです 天神様の入り口の紅梅が早くも咲き始めています 境内ではサル廻しが営業していましたが先日浅草神社で見たサルでしたので おサルさんもショバ探しが大変な様です 菅原道真公を祀るだけに絵札やおみくじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野・東照宮ぼたん苑

久しぶりに上野公園を歩きました。 東照宮の”ぼたん苑”が開いていたので入ります。 今年も綺麗に藁囲いの中で花を咲かせていました。蕾は少なかったので今が見頃なのかも 冬に咲く牡丹は”冬ぼたん”と”寒ぼたん”が有るそうで 冬に咲くのが”寒ぼたん”と云い 気温を調整して人が冬に開花させたのが”冬ぼたん” と少しわかりずらい話です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥越神社(とんど焼き)

1月8日は鳥越神社では”どんど焼き”が行われました 平安時代から続く、正月飾りのしめ飾りやしめ縄、古いお札などを燃やし、お焚き上げの火や煙にあたると、一年間無病息災で過ごせるといわれ、この火で焼いた餅を食べると1年中健康でいられると。お正月にお迎えした歳神様(としがみさま)をお送りする伝統行事です。 神主さんの火打石点火の儀式を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀部安兵衛でブラブラ歩き

日比谷線の八丁堀駅近くの中央区八丁堀1丁目の亀島橋に”堀部安兵衛武庸之碑”が立っている所から今日は泉岳寺迄歩きます この碑によると安兵衛はこの付近に住んでいたそうで両国にも近いです。 築地の本願寺に立ち寄り賑やかさを取り戻した築地場外から新橋へでて日比谷通りの4丁目交差点の歩道に”浅野内匠頭終焉の地碑”が立っています。元禄14年、江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAPPY NEW 2019 !!

都内は穏やかな元日でしたが皆様の所は如何でしたか 今年もよろしくお願いします。 初詣は浅草界隈の鷲神社から出ました 境内は参拝客で一杯でした ここから東方向へ歩き待乳山聖天へ こちらは適度な参拝客でこれくらいが良いです 隅田川を桜橋で渡り牛島神社へ こちらは公園に長蛇の列で凄いです で、この公園の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵国分寺跡を訪ねる

国分寺駅迄来たので、奈良時代に聖武天皇が、諸国に国分寺を建て、武蔵国分寺は全国の国分寺跡と比べても規模が大きく国指定史跡に指定されている武蔵国分寺跡へ寄り道してゆきます 今は柱の跡が残ってるだけですが1300年前を空想するのもたまには良いでしょう 分倍河原の戦いで焼失した武蔵国分寺はその後、享保18年(1733)に本堂が再建され、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の小石川後楽園

11(イイ)月28(ニワ)日に都内の木々も色付き始めましたので小石川後楽園へ紅葉を観に行きました 庭園のモミジは見頃になっていました。ただ私の好きな木々には陽が当たらないので少し残念です この後地下鉄で護国寺に向かいます 広い境内で本堂へは長い階段を登り何か俗世界からの離脱の雰囲気になりました。 静かな境内で昼飯を頂き心洗われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮御苑

先日TVで明治神宮の参道が大きく左折してるかと説明していましたが、 菊花展も有る事だしと明治神宮へと出かけました 成程大きく左折すると庭園への入り口が有りましたので入ることに。 直ぐに再建された数寄屋造りの隔雲亭が、ここで昭憲皇太后が休息所として活用されていたそうです 芝とツツジの前庭は広さを感じます。その先にはスイレンが咲く南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過

10月1日の朝方は風の音が凄かったです 昼からは晴れたので上野公園へ行くと噴水脇の大きな樹が根こそぎ倒れていましたし池の側の柳の樹も細いのに倒れていました。今日の新聞には上野公園では10本の樹が倒れたと書いてありました 今日は隅田川を超えて牛島神社へ行くと何か変です 木製の鳥居が片付けて有ります 倒れたのでしょうか 去年の画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根津神社 例大祭

16日は根津神社の例大祭で、徳川家宣公奉納の神輿3基のうち1基が4年に1度街中を渡御します。 神輿は台車付きでの渡御で静に押してる感じになります。 馬も行列に参加しており後ろには箒と塵取りを持っている人が 流石将軍の神輿なので不忍通りを車を止めて横断しますが交差点の真ん中で馬がボロを置いて行き係の人が処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛飾区・熊野神社

7月に川越へ行った時に熊野神社に立ち寄りましたが都内の近くにも熊野神社が有りました この神社も”ご神紋”は八咫烏で三本足の大きな鳥が描かれています。 神武天皇が東征の際、熊野から大和へ入る山中で道に迷った時に、八咫烏が先導したとか 八咫烏を囲む正五角形は、勧請した陰陽師安倍晴明公の陰陽五行説にしたがって境内がかたどられることを表し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡八幡宮例祭 二ノ宮神輿渡御

昨年、驚愕する事件が有りました富岡八幡宮 心配された江戸三大祭りの一つの「富岡八幡宮例祭」が無事に8月11日ー15日迄行われてますが12日は、重量約2トンで鳳凰の目にはダイヤ2.5カラットが入ってる金ピカな巨大な“二ノ宮神輿”を各町の担ぎ手が担ぐ「二ノ宮神輿渡御」が行われました 「水掛け祭」の別名通り、沿道には満杯になった水槽とバケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納涼・夜の浅草

連日の猛暑で昼間は昼寝をするしか有りませんので趣を変えて夜の散策に切り替えました 7時半を過ぎても舗装からの熱気が伝わりまだまだ暑いです。雷門から吾妻橋と人は未だ居ます 隅田公園に入ると人もちらほらになりました。公園内は週末の花火大会に備えて柵が張り廻られていました。川岸は立入禁止だそうです 仁王門から浅草寺へ入ろうと思っていたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西新井大師 風鈴祭り

8月5日(日)まで西新井大師で風鈴祭りが開催されてます 出店の展示では無く、境内のテントに全国各地の風鈴が吊るされて風が吹くと美しい音色を奏でてます 展示即売で江戸風鈴や、焼き物の風鈴、南部鉄の風鈴、くまモン風鈴など、色々な風鈴が番号を付けて吊るされ購入する人は番号で購入します 早くも完売の表示の風鈴も有りました 入谷の朝顔市で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山開き祭り

7月1日は富士山の山開きの日でしたが今年は梅雨が明けてよかったことでしょう。 江戸時代には富士山信仰が盛んでしたが一般庶民はそう気軽に富士山にはいけないので「富士塚」富士山に模して造営した人工の山や塚で我慢したそうです 台東区の小野照崎神社の「下谷富士」は1828年に富士山から運んできた溶岩で作られた富士塚で、(国の重要有形民俗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長國寺<いきいきあじさい祭>

「おとりさま」や「酉の市」で有名な浅草は長國寺で、「いきいきあじさい祭」が行われました。会場には各地から珍しいアジサイの種類を多数集め「あじさい図鑑」と展示されたほか、ガクアジサイや、紫、ピンク、白など色鮮やかな鉢花を釣りカゴに入れた「篭あじさい」が即売され、夏バテ予防にとされるキュウリの吸い物のふるまいや、「ほうろく灸祈祷会」と云うほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥越神社祭礼

千貫神輿と称される鳥越神社の御本社神輿が10日に町内を巡りますが雨の予報なので9日に子供神輿を観にでかけました 境内には千貫神輿が飾られていますが見た感じでは重さが解かりません。子供神輿がお祓いを受け境内に三本締めが響きます 境内の外には多くの屋台が出て狭い路地が賑わい昭和のノスタルジックです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三社祭

浅草神社では19日に100基近い神輿の連合渡御が行われ浅草の街は賑わっていました。 神輿は神社でお祓いを受けた後に浅草寺前でも儀式を受けてる様でした。 この後隅田公園に行くとアジサイが開花していました。初夏を告げる祭りと梅雨を告げる花と季節は廻りつつあります
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライトアップ・浅草界隈

昼間は修学旅行やアジア系の外人で賑わう浅草も夜になると人けが無くなりますがライトアップで建物が暗闇に浮かんでいます 東武鉄道の鉄橋もライトに浮かび人気が上がってます 特急が通過していくのを狙いましたがデジカメではブレてしまいました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more