テーマ:登山

山開き祭り

7月1日は富士山の山開きの日でしたが今年は梅雨が明けてよかったことでしょう。 江戸時代には富士山信仰が盛んでしたが一般庶民はそう気軽に富士山にはいけないので「富士塚」富士山に模して造営した人工の山や塚で我慢したそうです 台東区の小野照崎神社の「下谷富士」は1828年に富士山から運んできた溶岩で作られた富士塚で、(国の重要有形民俗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾梅郷から八王子城址跡へ

高尾駅の売店で昼飯を購入して国道20号を、高尾山の北麓の小仏川の両岸 にならぶ梅林の里高尾梅郷へ向かいます 小仏関所梅林で昼飯を食べます。好天で可成りの人手で賑わってます。 この後少し行くと荒井梅林の看板が有り其方へと足を向けます。ガードを抜けると梅林が現れ下に線路が見えます。電車が来るといい絵が撮れるのにと思いますがなかなか来ませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓氷峠越え

メガネ橋の紅葉を観ようと横川から歩く予定を立てましたが高崎からの乗り継ぎに時間が掛かるので軽井沢駅から碓氷峠を越えて行くことにしました。 軽井沢駅には11時過ぎに着き直ぐに歩き始めました。駅前には綺麗に紅葉したモミジが目につきます。 手袋が欲しいほどの寒さですが碓氷峠には「184」とカーブの数字が表記されており気が重くなります …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山開き

7月1日は富士山の山開きですが今年のご来光は・・・・ 台東区の小野照崎神社でもお山開きの神事が行われました。 ここのお山は天明年間に富士山から岩石を船で運んで築山したと伝えられています。成程登ると岩石が不揃いに有り富士本山より登り難い登山道でしたが前を歩く小さな女の子に合わせて歩きましたので助かりました。これで本山を登拝したと同じご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩殿山

前日の夜ふと明日は山へ行こうと思い近場の岩殿山に決めました。 電車の中でTVで甲府の雪掻きをしていた事を思い出し山には雪が残っているかな?と心配していると大月駅の構内は真っ白です。 でも道路や歩道には雪がなく登山口に、ここから階段状の道を黙々と歩き丸山公園展望台に。ここからの富士山は真っ白で流石日本一!!です。 岩殿山(634M)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巾着田の彼岸花

彼岸花第2弾は埼玉の日高市へ出かけました。 ここは500万本の彼岸花が咲くと云われ賑わう所ですが現在は(15日)3分咲き位なので未だ静かです。 帰りに近くの日和田山に登りました。標高305Mなので気軽に行ったのですが間違いできつかったです。 途中の分岐で男坂、女坂と有りましたので迷わづに女坂を登りましたが結構キツク現代の女のキツサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の長瀞にて

快晴の14日(金曜)に紅葉が見頃になった秩父長瀞へ出かけました。12時前に秩父鉄道長瀞駅へ着き先ずは宝登神社へと歩き始めます。神社で参拝して奥社を目指して宝登山へ登ります。久しぶりの山道歩きなので太腿の後ろが重い感じで帰りたい・・・・ 歩いているうちに汗をかき2枚ほど脱ぎショートカットで細い道を登り最後の石段に到着も足が重い!奥社に参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑波連山へ

今年もすでに10月なのに本年初の山行です。小山駅から初めて乗る水戸線で岩瀬駅へ向かいます。途中の下館駅で色鮮やかな真岡線の電車が止まっておりこの駅からSLが出ていたのを知りました。岩瀬駅からタクシーで行ける所まで上がると言う事で乗車し一本杉峠の先の加波山へ900Mの所で下車しました(10時)。ところがここからの山道は急斜面を長い階段状が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘年山行・弓立山へ

今年の締めの山は八高線明覚駅への集合なので川越線で川越駅から高麗川駅に出て八高線に乗ります。単線なのか駅での停車時間が長いローカルな八高線は初めての乗車になります。 明覚駅前にはコンビニが有りましたので。アルコールを補充し、県道は遠慮して遠回りになりますが川沿いに進みます。別所橋を渡り八幡様で休み登山口の幼稚園を目指します。幼稚園の金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山の紅葉

昨日は(も)特に予定もないので10時過ぎに高尾山へ紅葉を観にへと出かけました。この時間になると電車も空いておりノンビリと乗車出来ます。高尾山口駅には正午に着き弁当を買い歩き始めます。ケーブル駅前のモミジは綺麗に紅葉しており駅前は乗車待ちの人で列が長く延びてます。今日は未だ歩いた殊のない6号路を行きます。暫くはケーブル沿いに行き登山道は沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御岳山のレンゲショウマ

先日西武線に乗車した時に「涼景レンゲショウマが見頃」と御岳山の広告が目に入りました。そろそろ満開らしいでの出掛ける事にしました。5回乗り換えて2時間半を掛け、JR御岳駅で下車し、バスが止まっていたが歩く事にした。40分程でケーブル乗り場に着いたが汗でシャツがビショビショになり迷わずにケーブルに乗ることにしました。客が多いのでケーブルは1…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

さすがソニー製品

山から帰宅して汗で汚れた大量の洗濯物を洗い終わった時にガラガラと洗濯機の中で音がしていたので10円玉でも入っていたかなと思いながら排水するとSONYのGPSが綺麗になっていた。 20分も水の中でゴロゴロしていたので諦めましたが水気を切り猛暑のベランダに干して4日目に乾電池を入れ”ON”してみたが矢張りダメでした。5日目の朝捨てる前に”…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鹿島槍ヶ岳に登る

昨夜の小屋は団体様が少なく推定で100人以下の様で割と空いている感じで、消灯は20時で朝は4時過ぎに灯りが点きました。5時に朝飯後、外へ出ると快晴で信州側に雲海が湧きその上に陽が上っていました。ザックを小屋に預けて空身で鹿島槍ヶ岳へピストンします。テント場を過ぎると黒部側から冷たい風が吹いており寒さを感じ空身で来たのを後悔します。鹿島槍…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

鹿島槍ヶ岳 柏原新道~冷池山荘へ

台風の影響で不安定な天気が続きましたが今週は再び太平洋高気圧が強まり猛暑が復活しそうなので北アルプス鹿島槍ヶ岳へ出かけました。東京を昼過ぎに出て1日目は松本泊りですが今年は海より山への傾向が強いそうで松本でのホテル探しに苦労しました。この日は松本でも36度を越し、夕方松本城を訪ねましたが暑かったがホテルは冷房が効き涼しかったです。松本は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念ながら焼岳は

夏山合宿4日目(月曜)は嘉門次小屋から焼岳を登り下山予定でしたが・・・ 昨晩は嘉門次小屋でイワナの骨酒を堪能し食後に大きな囲炉裏で4代目の当主と談笑し良き時代を懐かしく思いました。 今日も焼岳を登るので4時起きですが私の登山靴が昨日の激闘で良く聞く話ですが底が剥がれリタイヤです。 皆を送った後にノンビリと朝飯を摂り剥がれた靴を引き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

霞沢岳へ

3日目(日曜)4時前に起床し峠には水場が無いので顔も洗わずに朝飯抜きで霞沢岳へピストン行です。小屋から少し往くとジグザクの登りが始まり日の出前なのに汗が出てきます。45分ほどで最初のピークのジャンクションピークは雲ひとつ無い快晴で最早梅雨明けでしょう。東側が開け浅間、富士山、甲斐駒等が望めます。朝飯のパンを1口食して再び森林帯に入り登り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地~徳本峠へ

2日目の9日(土曜)は本隊の6名が夜行バスで上高地に入り徳本峠迄上がるのでその後を松本から1番のバスで来る1名と合流して徳本峠の小屋へ行きます。 朝6時に起きて飯前に田代橋から朝霧の湧く梓川沿いを河童橋まで散策しますが今朝は雲が有るけど穂高の稜線は見えていました。 9時過ぎに宿を出て再び河童橋で写真を撮っていると傍らに待ち人を見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地へ

8日(金曜)から夏山合宿に参加するために上高地へ入りました。普通なら新宿から「あずさ」で松本へ行くのですが朝のラッシュに巻き込まれるので下りで大宮に出て新幹線で長野経由で松本へ出ました。 松本から久しぶりに松電そして社名の変わったバスで上高地へ。この時期なので乗客は5-6人で夏の最盛期から見ると寂しい次第ですが大正池で下車し歩いて今晩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

扇山は吹雪か・・

3月初めに雪が降った時に雪山へ出掛けようと支度をしたが翌朝は見事に寝坊してしまい敢え無く予定は露と消え、その後の地震で電車が不確実の存在となり延び延びになっていた3月の山行を3月30日に恒例となった春期トレーニングとして扇山に出かけました。 中央線の鳥沢駅に9時過ぎに降り、身支度をして9時30分に歩きはじめ、集落の中を通り林道に出て暫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長瀞アルプスへ

長い冬休みが終った今はもう暦の上では春です。今日は春のような気候になるそうなので前から予定していた長瀞アルプスへ出かけました。熊谷駅までは高崎線の各駅に乗りましたが寒いと嫌なので暖かいグリーン車を利用しましたが快適でした。乗り換えた秩父鉄道も急行なのでこれ又快適に野上駅に11時過ぎに到着しました。 駅前の道を道なりに進み長瀞アルプス登…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高尾山へ

Biglobeが不調です。今晩はこれまで・・・ 明日再UPします// 昨日は朝から快晴なので紅葉を觀に行こうと思い場所を探したが都内ではやはり高尾付近が見頃の様なので11時頃家を出た。昼過ぎに高尾山口に到着しましたが周りのモミジは見頃でいい感じです。駅前で昼食を買ってケーブル乗り場へ行くと今日は凄い人出で混雑してます。ケーブルを諦め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

権現山(山梨)へ

連休の3日に山へ出かけるのは混雑に輪を掛けるようだが熊除けには良いだろうと思い出かける事にし、目覚ましで起きたが何故か7時で慌てて着替えて出かける。猿橋に10時に着き直ぐにタクシーで浅川へ。10時30分に広い林道の浅川を出て暫くすると峠道の九十九折になる。11時05分浅川峠着。峠にしては見晴らしは悪く木々の間から扇山が見えるくらいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の秩父路ー岩根山”ミツバツツジ”

法善寺から林道を20分程歩くと岩根山徒歩道の看板が有り登っていくと入園料徴収テントに着いた。800円を支払い中へ入り道なりに登るとミツバツツジの薄紫色で全山萌えるような感じだ!正に浄土の世界かとも思われるほどの薄紫のトンネルの中を歩き上に着くと桜とミツバツツジが織りなす世界が望まれる。此処には1000株のミツバツツジが神社で管理され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南高尾から高尾山

      高楽寺の樹齢200年の紅しだれ桜→  JR高尾駅で下車して町田街道を行くと右手に大きな桜の木が見え、路地を行くと高楽寺のしだれ桜にたどり着いた。盛が過ぎたのか少し隙間が見えるがピンクが美しい。他にもこの辺にしだれ桜が有るが今回はここのみで駅に戻りコンビニで昼の弁当を買い京王線で高尾山口へ向かう。 10時30分に駅から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高畑山へ

天気予報が昨日は久しぶりに晴れその後は再び雨もようの日が続くと云ってるので一年ぶりに登山靴を履くことにした。6時に目覚ましをセットしたが眠かったので止めて再び寝てしまい起きたのは何時もの7時半頃でした。ラッシュを避けて9時前に家を出て武蔵野線経由で高尾方面へ出る。立川で特急待ちをしてる時に後続に大月行が来ることを知り降りて大月行に乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新雪を求めたが

東京でも夜から雪になったので山は積もるだろうと翌朝山へ出かけた。登山口に着いたが付近には雪は全く無く残念ながら山も白く無かった。杉林の中を歩くと葉に残った雪が溶けて上から水滴が落ちて来て濡れるので傘を差してしのぐ。半年ぶりの山歩きなので足が重くなり”難でこんな事をしてるのだろう”と思いながら歩き、止まるとエンストしそうなので休まずに歩き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダイヤモンド富士

日曜日は朝から久しぶりに快晴だ。今この辺はダイヤモンド富士が観られるチャンスなのに太陽が出なく諦めていたので夕方までこのまま晴れていてほしい。 4時過ぎに荒川の江北橋付近へ出かけ富士山の様子を伺うが西の空はもやっており山は見えない。4時半過ぎになると日も陰り流石に寒くなってきたので諦めて何時もの都営アパートへ向かう。アパートの4階…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「中村進さん」偲ぶ

先週の夕刊に”惜別 中村進さん”記事が載っていました。サブタイトルに「最高峰から生中継」と有りまさかあの時の中村さん?と思い記事を読みますと やはり88年5月にチョモランマからTV生中継の時のカメラマンでした。あの時ビデオに録画して時たま山頂から酸素マスクなしで息を切らしながらのレポートの場面を見ますが何時見ても緊張します。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い日曜日

この週末は河口湖の紅葉と周辺の山へ行く予定だったが母が「死にそうだ!」と云うので養護施設へ預けて出かける訳にもいかずあえなく中止になった。まあ天気が良くなりそうもなかった事も有りますが。現地のカメラでも山はガスで見ることが出来ませんので諦めます。 と云うわけで今年は東京で枯れた紅葉でも見ることに。 寂しい画像ばかりになったのでワンゲ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more